カンボジア研修生を受け入れるメリットとは

カンボジア研修生を受け入れると企業側にも色々なメリットがあります。受け入れることでカンボジア政府と企業との関係が深まり投資先として魅力が高まっているので、進出するときの足かがりとしてビジネスでのチャンスも大きくする可能性が高まります。研修生を受け入れるために工程やマニュアルなども効率されて改善することもあり、大変真面目な研修生に感化されることで職場の活性なども期待できます。作業の効率アップやコスト削減などにもつながります。

話題になっているカンボジアの実習生の情報が揃っています。

カンボジアの人は視力が良くて手先も器用で勤勉です。

たくさんの縫製工場や最近では精密機械工場などもあって大勢の人が働いています。
送り出し可能な職種は決まっていて、一定期間の実習を経て産業上の技能などを修得することが可能で単純な反復作業でないことです。



2年目の技能実習2号に移行できる対象職種や作業は現在は合計68職種126作業です。
現在日本で外国人技能実習生が研修を受けにきていますが、実際は制度に関しては問題が多くあります。その問題の殆どが雇用主と技能実習生とのコミュニケーション不足や欠如が起因で、これは実習生が十分に日本語能力がないまま送り出されているためにおきています。


受け入れ先で生産活動をスムーズにして高めるためにも、研修生の研修意欲を高めて本制度の趣旨を実現するには日本語教育は欠かせません。


送り出す専門機関では日本人教師とカンボジア人の日本語教師が現地で日本語教育を行なっています。



技能実習生は現場で日本語の問題で苦労することなく、効率よく技能を修得できるようにすることが目的です。