稲作の国カンボジア稲作を伝える実習生に向いてます

現在稲作をされている方は、人員不足や後継者不足に悩んでいないでしょうか。お米は日本の主食にも関わらず、流行のデジタル企業を求めて、都会に若者が行ってしまう現象が増えています。
しかし日本の稲作技術は世界でも高く、基礎である土作りの知識はもちろん日本製耕耘機の機能も高く評価されています。

カンボジアの外国人研修生について説明致します。

なので人員が不足するということは、日本にとってもったいないと言えます。

そこでおすすめなのが、カンボジアから実習生を受け入れてみることです。


もちろん大量に受け入れる必要はありません。お試しとして数人から受け入れてみましょう。

なぜカンボジアかというと、カンボジアはアジアの中で稲作を家業とする人が多く、主食もお米だからです。なので指導をする日本側としても教育がしやすく、滞在中の食事も洋食を用意しなければならないこともありません。

また気質ですが、一般的にカンボジア人は真面目でシャイな人も多いとされています。
そこは日本人と共通しており、一緒に行動するうえで気楽なメリットがあります。



平均身長は日本人より低めで親近感を感じることができます。



さらに元々日本から支援が多かった国なので、日本へ良い印象を持っている人が多く、積極的に日本語や日本文化を知ろうとする人もいます。


人員不足を解消するためにも、一度カンボジアから実習生を受け入れてみてはどうでしょうか。


実習生受け入れの専門機関が増えているので、問い合わせたり資料請求をしてみましょう。