カンボジアからの技術研修生

人口の増加が続いているカンボジアでは、日本の企業や日本の製品の性能の良さが高く評価されており、日本で働きたいとか日本の技術を習得したいと考える若い世代が増えてきてます。この様な動きの中で日本企業はカンボジアの若者と日本との結びつきを更に強化しようと、次々に技術研修生として受け入れる事を行ってます。


カンボジアにとって日本は最大の援助国であり、日本人や日本企業に強い憧れを持っています。

カンボジアの人材派遣の知識が身につきます。

特に日本人に対する尊敬の念は、世界のどこの国よりも強いのです。

そういった意味でも親日の心は大きく、研修生として日本に行きたいと誰もが思うのです。



実際に研修生を日本へ送り出す前に、言葉や風習が違う日本の教育をカンボジアにて実施します。

現地には日本人の先生が常駐し様々な事を学ばせ、日本に行っても困らない程度の教育を施します。

もちろん政府の許可を受け、カンボジアの将来を担う若者の教育をし長期的な経済産業の発展に貢献し、貧困の撲滅を目指し国の役に立つ人材を育てるのが目的です。



この国の人達の殆どは熱狂的な仏教徒です。

人に感謝する心や年上を敬う精神は日本人に似た心があります。
また、真面目な人も多く勤勉性があるので、新しい事も取り入れ柔軟に対処できます。

研修生として日本へ来た若者達は、企業にとってもメリットが大きいです。非常に勉強熱心なので日本人従業員にとってもいい影響を与え、相乗効果も生まれます。
こうした日本人にも似た国民性が、両国にとっても良い関係を築く基礎ともなるのです。